インタースピーチ

音声言語処理の学際的研究は多様な学術的心理学に至るまでの 地域、言語学、生理学、物理学、医学、教育、工学で構成されています。音声生 成のメカニズムはすべての人間が大部分が同じですが話される言語はユニークです

医学方面での一般社団法人設立は多くがインタースピーチイベントで語る

一般社団法人設立は多くがインタースピーチ

来月行われる音声言語処理の学際研究発表会のインタースピーチイベントに集まる全国各地の一般社団法人関係者に日本の言語学、生理学、物理学、医学、教育、工学の分野を活かした社団法人の設立を話し合う会が行はれました。音声生成のメカニズムについての説明に続いて行われたのですがかなりの意見が述べられ非常に暑い討論が交わされました。大部分が社団法人の事業内容に目が向けられて、今後の一般法人のあるべき姿が話題となっていました。

音声言語処理

中でも多くの方々が口にしていたのは音声言語処理の研究から学術的心理学に至るまでの幅広い内容だったことに驚かされました。日本全国津々浦々色々な社団法人が存在しますがそれと同じように色々な考えを持った方々がいらっしゃるんだなと感心しました。最近では社団法人、財団法人から一般社団法人、一般財団法人と名前を変えましたが事業内容の方も変化しているようです。また非営利団体として設立は以前に比べて比較的簡単にはなったようですしどんどんそれ等の新しい組織が生まれて来ることに期待が集まります。

特に医学の方面での一般社団法人の設立には数多くの方々がインタースピーチイベントで熱く語っておられました。今後の日本の医療に新しい風が吹きまわりそうです。医療に大きくかかわりを持つ音声言語処理の研究もどんどん進み新しい医療に遅れることなく進化し続けている事から新たな医療改革に大きな役割を果たすことになりそうです。今後の新たな社団法人設立から目が離せません。多くの方々が期待を寄せています。