インタースピーチ

音声言語処理の学際的研究は多様な学術的心理学に至るまでの 地域、言語学、生理学、物理学、医学、教育、工学で構成されています。音声生 成のメカニズムはすべての人間が大部分が同じですが話される言語はユニークです

インタースピーチのイベントでも今までに無い医療法人の設立を考えるべきと多くの方

今までに無い医療法人

最近各地域の大学で保健医療学部という新しい学部の新設が目立つようになりました。因みにその保険医療学部とは臨床検査学科、看護学科、臨床工学科、理学療法学科、作業療法学科などから成り立つ医療系学部なのですが先月音声言語処理の学際研究発表会で地域に密着した医療施設を新設させようという案が多くの医療関係者から上がりました。

今までに無い医療法人

そしてその医療法人設立に当たってインタースピーチのイベントなどでも多くの方が言っていた通り、今までに無い医療法人の設立を考えるべきだという声が多く聞かれました。その内容はどんどん発展していく医療の中で最先端の医療機器を使いこなすことの出来る医療知識を持った医療機器のスペシャリストの育成があげられました。それは最先端の医療機器のメカニズムを理解し、迅速に最先端医療機器を操作しあらゆる病気で悩まれている患者さんの治療に役立つ医師が必要という事です。

日本の大学では物理学、医学、工学、教育、言語学、など他にもまだ色々な学部が存在しますが保健医療学部と言う学部がこれからの世界の医療を支える人材の育成の中止になっていくだろうと言う事を某大学関係者が言われていました。今後どんどん進化していうだろう世界の医療情報について行く為の必要不可欠な学部なんだなと私は想いました。それに伴って新設される医療法人は都会ではなく地方を中心に医療法人の設立がされて行き、美しい自然に囲まれた心休まる病院を目指していくそうです。

今後この医療法人施設の新設に多くの方々の期待がかかります。そして多くの人々が最先端の医療を受けられるようになるのも時間の問題だと思います。